血が黒く出るアフターピルは生理調整もできる?

アフターピルは、セックスを行った際に避妊に失敗して膣内に射精してしまった可能性が高い時に、早めに服用することで妊娠を回避できる作用がある緊急避妊薬です。

アフターピルの中には大量の女性ホルモンが含まれていて、それが体内に入ることで体を妊娠したような状態にすることで妊娠するのを防ぎます。

服用後、しばらくすると消退出血と呼ばれる血が見られることがあります。
人によって個人差はありますが、最初は薄い血が出て、その後黒くなり、最終的には鮮血が出ることがありますがそれが消退出血です。

この出血が見られれば、妊娠を回避できたことになりますが、3週間を過ぎても何の変化も訪れない場合にはすでに妊娠している可能性もありますので早めに婦人科を受診するのが良いでしょう。

また、アフターピルを服用することで、生理周期は2~3ヶ月ほどしないと安定しません。
この時期は最も妊娠しやすい時期であり、排卵なども思いがけない時に起こっていることがありますので、この時期に避妊せずにセックスを行うと妊娠する可能性が高いといえます。

アフターピルでは生理調整はできないと考えて良いでしょう。

生理周期をコントロールしたいのであれば、低用量ピルがおすすめです。

低用量ピルは、継続的に服用することで避妊を効果を得るもので、旅行や海水浴などのレジャーの時に生理にならないように調整することが可能です。

アフターピルも低用量ピルも、基本的には婦人科で処方されるのが一般的です。
特に、生理の調整を行いたい場合には医師に相談するのが望ましいでしょう。
クリニックによっては、生理を遅らせることができる薬などもあるようなので、婦人科で確認しておくのが望ましいといえます。