低用量ピルをアフターピルとして使う時と用量過多

アフターピルというのは、性行為中に装着していたはずのコンドームの脱漏など、なんらかの避妊方法をこころみたにもかかわらず、それに失敗して妊娠しそうだというときに、緊急に、事後的に避妊をするための医薬品のことをいいます。
現在ではすでに黄体ホルモンなどを含んだアフターピル専用としてつくられている製品もありますが、計画的な避妊を目的としてつくられた一般の低用量ピルを、アフターピルとして転用するという方法もよく行われています。
このような場合には、低用量ピルを性行為があったあと72時間以内に1回服用し、さらにその24時間後にもう1回服用するという使い方をします。
低用量ピルといってねさまざまな銘柄のものがあり、なかに含まれているホルモンの量がそれぞれ異なっていますので、かならず医師の指導にしたがい、適切な量を服用する必要があります。
1回あたりの服用量については、用量過多にはくれぐれも気をつけなければなりませんが、基本的にはいつもの計画的な避妊のときに服用する量の数倍になってきます。
アフターピルはあくまでも一時的な服用であるため、副作用について過度に心配することはないのですが、体質的に過敏な人は、やはり吐き気、嘔吐、頭痛といった副作用があらわれてしまうことがあります。
このときに気をつけなければならないのが嘔吐であり、せっかくアフターピルとして服用した成分が、嘔吐したときに体外に吐き出されてしまって、事後避妊の効果があがらなかったという失敗もありうるのです。
軽微な副作用と考えがちなものではありますが、場合によってはそのことが避妊失敗という重大な結果をもたらしかねないということは、覚えておいたほうがよいといえます。