アフターピルは無添加食品との対極にあるので継続禁止

アフターピルというのは避妊に失敗した後に、最後にとることができる確率の高い避妊方法となっています。
性交後72時間以内であれば、避妊効果があるとされていて24時間以内であれば100パーセントに近い確率で妊娠を防ぐことができます。

そのため、避妊をしてもアフターピルがあると思ってしまいがちですがこれは大きな間違いであり、一般的な低用量ピルと違って継続して使用をするものではないので、体に対する負担というのも非常に大きなものとなってしまいます。
アフターピルは体にいいとされる無添加食品とは対極に位置するようなものですから、そのようなものを継続的に使用するようなことがあれば体への負荷というのも当然かなりのものとなってしまいます。

アフターピルに頼らないようにするにはどうすればいいかというと、日頃から避妊をしっかりすることが一番ですが、失敗のない確実性の高い方法をとるのであれば低用量ピルを使用するのが良いでしょう。
これはその名前の通り、避妊効果のある成分が低容量となっていてそれを一定期間継続して服用することによって避妊効果を得ることが出来るものとなっているので、体に対する負担も最小限のものとなっています。

体に対する負担が少ないばかりか、人によっては生理の負担を軽減させる効果もあるので避妊目的だけでなく生理に対するトラブルを解消するための治療薬としても使われています。
性行為をする機会が多く、それでいてい絶対に妊娠を避けなければいけないというのであれば、アフターピルを使うような事態にならないように、事前に低用量ピルなどの検討をしてみると良いでしょう。
妊娠をしてしまってからでは、できる選択肢はほとんどありませんからその前にやるべきことをすることが大切です。