アフターピルとメチルアルコールとエチケットについて

アルコールというのは、エタノールやエチルアルコール、それにメタノールやメチルアルコール、ほかにもイソパノールやイソプロピルアルコールなどといった、トータル的なネーミングです。消毒用に利用されているのは、ヒトへの毒性は相対的に低いタイプで、エタノールとイソプロパノールです。エタノールはアルコール発酵で製造されています。メインは、じゃがいもやさつまいも、とうもろこしなどのでんぷん質と、サトウキビや蜜などの糖質が原料となっています。

避妊ということについては、女性は自分自身でも、自分の体を守って行く必要があります。ピルを持っているということは、今の時代ではエチケットにもなります。女性がそう言ったアイテムを持っていると、誤解を受けることもありますが、それは日本人ならではのことでしょう。イメージがダウンするなどは無視して、女性は自分のことは本人で守ることです。男性任せにして望まない妊娠をしても、傷つくのは女性です。そうなるのを防ぐためにも、ピルは賢く利用をしたほうが得です。

避妊の失敗に慌てないで、いざとなたらアフターピルを使う方法があります。一般的に避妊のためには婦人科などで、低用量ピルを処方してもらうことができます。でもアフターピルの場合は、中用量ピルを使用することになります。もしくは低用量ピルを一回に数倍摂取するケースもあります。避妊をしなかったケースでは、排卵期の前後で妊娠する割合としては、8%から15%ほどになります。ですから妊娠をしない確率としては、75%から82%ということになります。緊急避妊薬であるアフターピルを服用することによって、さらに妊娠をする確率を下げることができます。