避妊失敗と思ったらアフターピルを使ってみよう

妊娠をして困る状況で性行為をする場合には避妊をすることになりますが、どのような方法を取るにしても確実な方法は有りません。
正しい避妊方法をすれば、確実に近いレベルで妊娠を避けることができますが、避妊をして妊娠をしてしまうケースというのは避妊に失敗した場合が多いので、失敗をしたと思ったらアフターピルを迷わず使うようにしましょう。

失敗するパターンというのはいくつかあり、コンドームの場合にはコンドームが破れてしまった途中で外れてしまったというものや、つけるタイミングが遅くて少し漏れてしまったというものがあります。
膣外射精による避妊は女性からすれば、本当に膣外に射精をしてもらったかどうかわからないものですから、避妊法としては信頼性が乏しくこれを避妊と思ってはいけません。
同じように安全日に性行為をするという物もありますが、これも簡単に生理に周期は変わってしまいますから避妊とはいえない方法であるため、このような方法で性行為をした場合には妊娠の可能性が飛躍的に高まってしまうので、性行為後にはすぐにアフターピルを使用することが大切です。

アフターピルというのは避妊に失敗したかなと思った直後に使えば高い確率で妊娠を防ぐことができ、逆に性行為から時間が経過すればその効果も弱まってしまうことになります。
タイムリミットは72時間と言われていますので、避妊に失敗したかなと思った場合にはとにかく余計なことは考えずにアフターピルを使用しましょう。
妊娠しては困るわけですから、避妊に失敗したと思った時点で妊娠の確率を下げる選択を取る以外にはなく、大丈夫かもしれないと思って妊娠をしてしまっては大変なことになるため取り返しのつく内に使うことが大切です。

■緊急時に備えてアフターピルの用意を
アイピル